スタジオ設立を
検討中のトレーナー様

 

サポート体制
3つの柱
 


 ①設立

・ トレーニングスタジオは設立時でほとんどが決まります。設立した地域や物件を妥協した事で半年もせずに再設立する事になったトレーナーは大勢います。
 
設立する際に大事なのは何よりもお客様ファーストで作る事です。予算の都合などトレーナーの都合で作ったスタジオでは上手く行くはずはありません。
 
長い目で見れば、妥協のないスタジオを設立し堂々とサービスを提供することで高価格帯でサービス提供ができ、リピート率も高く、退会率も抑えられます。
 
パーソナルトレーニングは元々利益率が高いサービスです。顧客がまわってくれさえすれば安心して営業できます。
 
当社はトレーナーがお客様に堂々とサービスをオススメできる、お客様が求めるスタジオ設立をサポート致します。


②営業・宣伝

・スタジオを設立しても宣伝をしなければ、お客様は作れません。どんなに宣伝をしてもその内容がお客様の心に響かなければナカナカお客様にはなって頂けません。
 
そこでトレーニングスタジオの営業でまず抑えたいのがブランディングです。
お客様が通いたいと思える世界観と統一感をしっかり構築してから世の中に発信する事が何より大事です。
 
世界観が構築できたら次にマーケティングです。自分の作り出した世界観に興味を持って頂けるお客様を探し、そのお客様が見てくれやすい媒体を探し、情報をお届けしなければなりません。
 
これらについても当社では「ホームページの作成」から「お客様に効率良く情報を届ける」までの流れを一括してサポート致します。
 


③運営

 

 ・営業活動が軌道に乗って、トレーニングのご予約が埋まって来る前にきちんと整えておきたいのが運営のシステムです。
 
お客様との初回お手続きやお支払い方法、継続方法などスタジオの運営に関わる細かなルールを決めて置くのは当然ですが、さらに運営において早めに考えておきたいのが2次収入です。
 
お客様はトレーニングサービス以外でもトレーナーから情報や物販を購入したいと考えています。
 
例えば、スタジオの退会した後も同じ先生が行っているオンラインサービスに課金してくれたり、講演会に来てくれたり、本を購入してくれたり、オススメするサプリメントを購入してくれたりします。
 
スタジオは1年営業するだけで多くのお客様と関わる事になります。その全てのお客様とマンツーマンの濃密な時間を過ごす事になり、長年営業すれば当然その人数も増えて行きます。
 
その全てのお客様から半永久的に課金して頂けるシステムを構築する事は、トレーナーの大きな資産となるだけではなく、コロナ禍のような事態で営業自粛となった時に大きな活動の支えとなります。
 
これらの専門的な知識についてもわかりやすく設立時の段階でサポート致します。

収支
シミュレーション


月売上    120万円
家賃     20万円
水光熱費   2万円
通信費    1.5万円
販促費    7万円
雑費     1万円
決済手数料  3万円
------------------------------------
償却前利益  85.5万円

設立費用
シミュレーション


初期出店料  120万円
(敷金、保証料など・物件により異なる)
 
内装工事費  20万円
(更衣室、鏡、その他) 
 
店舗備品   20万円
(マット、最低限のトレーニング器具)
 
出店代行料       50万円 
(下記参照) 
 
販促代行料  50万円 
(下記参照)  
------------------------------------
出店費用合計 260万円

出店代行
内容一覧


・店舗物件の調査・内覧・検討
・店舗の空間デザイン、施工
・器具・備品の発注、取り付け
・クライアント対応マニュアル一式
□カウンセリング
□接客マナー
□トレーニング指導マニュアル
□栄養指導マニュアル
□トレーニング器具使用方法
□リピート促進マニュアル
・予約管理、売上管理
・決済方法管理
以上の項目をオープン前に仕上げます。
*不必要な項目や補足必要な項目はご相談ください。

販売促進代行
内容一覧


・店舗立地マーケティング調査
・店舗ブランディング
・ホームページの作成
・SNSの提案、作成
・SEO対策
・看板のデザイン・発注
・パンフレットの作成・発注
・その他、立地条件から検討
 
以上の項目をオープン前に整えます。
*不必要な項目や補足必要な項目はご相談ください。

運動指導者が
スタジオを持つ
3つのメリット


 ①仕事の幅が広がる

・「活動場所に困らない」「緊急事態宣言の中でも活動できる」「自分のペースで仕事が取れる」「オンラインレッスンもスタジオから発信できる」「自分のメソッドを若手に研修できる」「講演や執筆の依頼につながりやすい」など、スタジオはトレーナーが実力を120%発揮する為に大きな役割を担ってくれます。
 


②ジムのルールに囚われない

・「周りのトレーナーと比較されない」「好きなウエアで仕事ができる」「ジムの料金相場から離れられる」「拘束時間がない」「ジムとの主従関係がない」「指導料金は全額自分で取得できる」など、今まで自由にできなかった事が可能になり、トレーナー活動が格段に飛躍します。


③収入を伸ばせる
 

 ・「レッスンの単価が上がる。」「コースや回数券を販売できる」「レッスンの本数が増える。」「人を雇える。」「物販を販売できる。」「スタジオ以外での仕事も舞い込む」など、自分のスタジオの中でシステムを構築すればビジネスとしての可能性も大きく広がります。